INTERGATE

世の中の?や!に迫る情報メディア

ゴジラGODZILLAのネタバレとあらすじ!声優キャストもご紹介

      2016/07/29

今夜21時00分からの「金曜ロードSHOW!」に、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が放送される。

ハリウッドの一流スタッフが結集した新しいGODZILLAは、1954年に誕生した「ゴジラ」生誕60周年の記念イヤーに公開(2014年7月25日)された世界的大ヒット作。

続編の公開も2019年に予定されており、全世界興行収入が“5億ドル”超えという驚異的な成績を記録している。

今回は、ハリウッドで活躍する渡辺謙さんの熱演にも注目の『GODZILLA ゴジラ』のネタバレとあらすじ、声優キャストをご紹介したい。

ゴジラ

「GODZILLA ゴジラ」声優キャスト

フォード・ブロディ

アーロン・テイラー=ジョンソン:小松史法

ゴジラ小松

 

芹沢猪四郎博士

渡辺謙

ゴジラ渡邉

 

ジョー・ブロディ

ブライアン・クランストン:原康義

ゴジラ原

 

エル・ブロディ

エリザベス・オルセン:波瑠

ゴジラ波留

 

サンドラ・ブロディ

ジュリエット・ビノシュ:山像かおり

ゴジラ山像

 

ヴィヴィアン・グレアム

サリー・ホーキンス:高橋理恵子

ゴジラ高橋

 

ウィリアム・ステンツ司令長官

デヴィッド・ストラザーン:佐々木勝彦

Exif_JPEG_PICTURE

スポンサーリンク

「GODZILLA ゴジラ」あらすじとネタバレ

トリニティ実験やアルゴンヌ国立研究所といったアメリカの核開発に関連する形で、「モナーク計画」という極秘プロジェクトが進められていた。

モナークが関わる核実験がビキニ環礁で行われようとする中、実験海域に巨大な“背びれ”が出現。

P_20160729_163939

それは上陸しようとした瞬間、核爆発に飲み込まれる。

DSC_0875

 

・1999年

MONARCH(モナーク)に所属する生物科学者・芹沢猪四郎博士は、フィリピンの炭鉱の崩落事故調査に向かった。

すると、芹沢博士は炭鉱の深部で巨大生物の化石を発見。

ゴジラ14

化石に寄生していた繭からは、巨大な“何か”が這い出たような痕跡が残っていた。

時を同じくして、日本の原子力発電所で働く核物理学者のジョーは、地下で謎の振動を察知。

P_20160729_164226

妻のサンドラは施設の点検に向かうが、その直後に巨大地震が発生する。

サンドラは混乱の中で命を落とし、壊滅状態になった町は「退避区域」となってしまう。

P_20160729_164307

・15年後

ジョーの息子でアメリカ海兵隊爆弾処理班のフォードのもとに、ジョーが退避区域に侵入して逮捕されたという連絡が入る。

P_20160729_164432

ジョーは原発事故の真相を探るべく、退避区域に侵入して逮捕されていた。

フォードは父であるジョーに“国に帰る”ように勧めるが、ジョーは事故の真相を探るために言うことを聞かなかった。

結局フォードはジョーと共に退避区域へ再侵入。

P_20160729_164534

実家に残されていたデータを回収するが、パトロールしていた武装集団に捕まり、原発跡地内の研究施設へと連行される。

その研究施設では、芹沢博士らの研究機関「モナーク」が巨大な繭の研究を行っていた。

ゴジラ2

ジョーは繭と地震の関連性を指摘するが、その直後に繭が“羽化”を開始する。

ゴジラ4

繭に電撃をあたえて殺そうと試みるが失敗し、羽化した巨大な生物は研究施設を破壊して飛び去った。

DSC_0870

施設の倒壊に巻き込まれたジョーは死亡。

芹沢博士たちは米軍と合流し、フォードとともに航空母艦「サラトガ」に乗艦する。

DSC_0872

「ムートー」と名付けられた巨大生物は、核燃料を捕食して衛生信号を混乱させるほどの“電磁パルス”を放つ生物だった。

芹沢博士たちは、フォードに各国の共同で創られた秘密組織「モナーク」の活動目的や巨大生物の秘密、そして原始生態系の頂点『GODZILLA ゴジラ』の存在を説明する。

DSC_0871

芹沢博士は、ムートーを排除するために再びゴジラが現れると推測していた。

その後、ムートーは核燃料を捕食するためオアフ島に上陸。ムートーはホノルル市街に侵攻して米軍と交戦する。

オアフ島全土がムートーの放つ電磁波によって停電し、サラトガを降りてホノルル国際空港へ向かっていたフォードも窮地に陥る。

DSC_0874

すると、そこにムートーを追って『ゴジラ』が60年ぶりに姿を現す

DSC_0873

両者は空港で対峙するが、ムートーは飛行して逃亡。ゴジラもムートーを追って海へと消える。

一方、アメリカのユッカ・マウンテン核廃棄物処理場に保管されていた繭から新たなムートーが羽化し、ラスベガスを破壊して西へと進行する。

DSC_0877

芹沢博士は、日本に現れたムートーが“オス”で、ユッカ・マウンテンから現れたのが“メス”であり、繁殖のために同じ場所を目指していると考えていた。

ゴジラの後を追う米海軍は、3体の怪獣が衝突すると推測されるサンフランシスコ湾に向かう。

DSC_0878

ステンツ司令長官は、芹沢博士の反対を押し切って核兵器の使用許可を得る。

電磁パルスの影響を受けないアナログ式の時限装置を使用し、3匹の怪獣を太平洋上へ誘引して「殲滅作戦」が実行される事に。

P_20160729_165014

米軍は2基の核弾頭を列車で輸送しようと試みるが、メスのムートーの襲撃を受けて弾頭1基を飲み込まれてしまう。

もう1基の弾頭は輸送には成功するが、海上でオスのムートーに奪われ、メスがサンフランシスコに作った“巣”へ運ばれてしまう

DSC_0879

奪われた弾頭の時限装置は起動しており、このままでは10万人以上の市民を爆発に巻き込んでしまう状況となってしまった。

スポンサーリンク

「GODZILLA ゴジラ」結末

サンフランシスコ湾に浮上したゴジラは軍からの一斉攻撃を受けるが、ものともせずにゴールデンゲートブリッジを破壊して侵攻する。

ゴジラ5

ゴジラとムートーは、フォードの妻・エルが働く病院の近くで交戦。

フォードと海軍は核の起爆を止めるため、巣の付近にパラシュートで降下する。

DSC_0880

ゴジラとムートーたちが交戦する中、フォードたちは核弾頭を発見するが、時限装置は破損していた

P_20160729_165853

残り時間は27分。フォードたちは少しでも核弾頭を街から引き離す作戦に変更する。

そんな中、フォードはムートーが巣に無数の卵を生みつけている事に気づく

DSC_0883

するとフォードは、横転していたタンクローリーのガソリンを利用して巣を破壊。

P_20160729_170202

ゴジラはムートーの激しい攻撃に苦戦していたが、フォードが爆破した巣に気を取られた隙を突き、一撃でオスのムートーを倒した。

巣を爆破されて怒り狂ったムートーはフォードに迫るが、ゴジラに放射熱線を浴びせられて絶命する。

DSC_0884

傷を負ったゴジラはその場に崩れ落ち、フォードは核弾頭を小型船で運んで力尽きるが、駆けつけた救助隊によって救われる。

間もなくして、遠くの海上で核弾頭が爆発

DSC_0885

その後、避難所となっていたスタジアムで、フォードはようやく家族と再会することに。

ゴジラ19

すると、息絶えたかに見えたゴジラが突然目を覚ます。

その姿をとらえたテレビの映像には、「怪獣王は救世主か?」というテロップが躍っていた。

DSC_0887

ゴジラの堂々たる姿を見た芹沢博士は笑い、ゴジラは海へと姿を消した。

DSC_0886

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP