INTERGATE

世の中の?や!に迫る情報メディア

平成狸合戦ぽんぽこのネタバレとあらすじ!声優キャストもご紹介!

   

今夜21時00分からの金曜ロードSHOW!に、「3週連続 夏はジブリ」のラストを飾る『平成狸合戦ぽんぽこ』が放送される。

ニュータウン建設のために住まいを追われることになった狸たちが、人間の手からふるさとを守るために大奮闘を繰り広げる冒険ファンタジーが公開されたのは、今から21年前の1994年7月16日。

高畑監督は、登場する狸たちのキャラクターを作るため、狸の生態や狸にまつわる話などを徹底調査したそうだ。

今回は、そんなタヌキたちが大切なふるさとを守るために大奮闘を繰り広げる『平成狸合戦ぽんぽこ』のあらすじとネタバレ、豪華声優キャストをご紹介したい。

平成狸合戦31

「平成狸合戦ぽんぽこ」声優キャスト

語り:3代目 古今亭志ん朝

平成狸合戦 古今亭

 

 

正吉:野々村真

平成狸合戦 野々村

 

 

おキヨ:石田ゆり子

平成狸合戦 石田

 

 

権太:泉谷しげる

平成狸合戦 泉谷

 

 

お玉:山下容莉枝

平成狸合戦 山下

 

 

玉三郎:神谷明

平成狸合戦 神谷

 

 

小春:黒田由美

平成狸合戦 黒田

 

 

文太:村田雄浩

平成狸合戦 村田

 

 

ぽん吉:林家こぶ平(現・9代目 林家正蔵)

平成狸合戦 林家

 

 

竜太郎:福澤朗

平成狸合戦 福澤

 

 

おろく婆:清川虹子

き平成狸合戦ぽんぽこ

 

 

隠神刑部:芦屋雁之助

平成狸合戦 芦屋

 

 

六代目金長:3代目 桂米朝

平成狸合戦 桂米朝

 

 

太三郎禿狸:5代目 桂文枝

Œ

 

鶴亀和尚:5代目 柳家小さん

平成狸合戦 柳家

スポンサーリンク

 

 

「平成狸合戦ぽんぽこ」あらすじとネタバレ

昭和42年、舞台となるのは東京都の多摩ニュータウン。

狸たちは、山奥の空き家となった「庭付き一戸建て」で平和に暮らしていた。

ところが、高度経済成長に突入した住宅需要により、開発対象となった多摩ニュータウンの山は切り開かれ、人間の宅地が作られることになる。

DSC_0723

それに伴い、狸たちは縄張り争いや餌場争いをはじめ、事態は狸たちの合戦にまで発展する。

平成狸合戦63

 

山が切り開かれた土地を見て、狸たちはあ然とする。狸たちは戦いを一時休戦し、協力して人間たちを多摩から追い出すために会議を開く。

狸たちは先祖代々伝わる「化学(ばけがく)」の復興と、「人間研究」に五カ年計画で取り組むことを決意。

DSC_0725

四国と佐渡から有名な長老狸を招集するため使者の選出に入るが、長距離で危険な旅に志願者はなく、皆「狸寝入り」を決め込んだ。

DSC_0726

しかし、議長が用意していた“マクドナルドのハンバーガー”が有効に働き、無事に会議は終了した。

 

それからの狸たちは人間を理解するために、テレビを設置して研究したり、化学の修行に入った。

DSC_0727

そして狸たちは化学の実習を行う。車の教習所同様、化学を極めている長老たちが付き添った。

DSC_0728

 

実習の卒業試験は、人間として平和的に1000円を稼ぐことだった。

中には数匹で1人の男を演じたり、スナックで働いたり、拾ったパチンコ玉で稼いだ狸もいた。

 

そんな中、一部の狸たちは自分が生まれ育った土地が開発されたことで怒りをあらわにし、人間に奇襲作戦を仕掛ける。

DSC_0765

工事現場のトラックを事故に遭わせたり、重機をひっくり返したりすると、やがて怪談話に発展。

工事を遅れさせることには成功するが、あまり大きな効果は得られず、工事はすぐに再開された。

狸たちは作戦を次々と決行し、覚えたての術に人間たちが引っかかるのがおもしろくて仕方がなかったが、切りが無い。

DSC_0766

人間を化かし続けることに、懐疑的な狸たちもいた。

 

そんな中、狸たちは深刻な事態に直面していた。開発による森の減少はもちろん、春の結婚、秋のベビーブームで一挙に狸たちの人口が倍増。

秋になると狸たちは食料が足りず、食料調達のために人里へと向かうが、狸たちは交通事故にあったり、罠にかかって捕まってしまう狸が続出した。

DSC_0733

 

すぐに人間に反撃したい一部の過激派がクーデターを起こそうとするが、ちょうどその頃、四国から長老狸たちがやってくる。

DSC_0735

DSC_0736

すると長老狸たちは決起集会を開き、「妖怪大作戦」の決行を表明。

狸たちはすぐに妖怪大作戦に向けて修行に入る。

DSC_0737

 

狸たちの総力を結集した妖怪大作戦は成功し、狸たちが化けた妖怪に人間界は騒然となるが、人間を恐怖に陥れたいと願う狸たちの思惑とは異なる受け止められ方だった。

DSC_0738

人間たちはその不思議な光景を見て、なにかのエンターテイメントかお祭りだと勘違いして大喜び。

DSC_0740

一方の狸たちは大勝利だと確信していたが、翌日に事態は急変する。

 

テーマパーク「ワンダーランド」の社長が記者会見を行い、施設の素晴らしさを伝えるためにやったことだと発表したのだ。

DSC_0745

思わぬ展開にがっかりする狸たち。

さらに、そんな狸たちに「狐」一族が声をかけてくる。

DSC_0746

狐たちは変化の術で人間になりすまして人間社会に適合し、ワンダーランドの社長にも入れ知恵をしていた。

そんな狐一族は、狸たちにワンダーランドで働くように勧めてくる。

しかしそれは、化学を使いこなせない一部の狸たちを、切り捨てることでもあったのだ。

スポンサーリンク

 

 

「平成狸合戦ぽんぽこ」結末

敗北を確信した狸たちの結束は乱れ始め、人間たちに山からの退去を迫られてしまう。

一部の狸たちは、仲間を率いて人間たちに挑みかかるが玉砕。

DSC_0749

 

生き残った狸たちは、山にきたマスコミに伝える。

DSC_0750

「山がなくなると、暮らしていけないんだよー!」

「山は、おらたちの住み処。勝手になくさんでもらいたい!これは生き物全ての願いじゃ。」

DSC_0752

 

狸たちは最後の抵抗として残った力を集結。

まだ自然が豊かで人間と狸たちが共存できていた時の原風景を再現する。

DSC_0756

最後の作戦は功を奏し、多摩ニュータウンにはわずかながら緑を残す配慮が施された。

そして狸たちは解散し、変化できない狸たちは残った緑の中で生活をすることに。

DSC_0761

変化できる狸たちは、人間の姿で社会に適応していった。

 

ともに厳しい暮らしだが、狸たちは今日も宴会を開く。

DSC_0764

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


PAGE TOP